突撃!となりの昼ごはん

R5.10.31 VOL.20佐倉市_愛光

令和5年10月31日、新型コロナウィルスの流行から訪問を暫くお休みしていた『突撃!となりの昼ごはん』ですが、この度、久しぶりに直接取材にお邪魔して参りました!

今回の訪問先は社会福祉法人愛光様です。愛光様は前身の社会福祉法人千葉県盲人福祉協会として1955年に設立され、2年後に創設70年を迎える大変歴史のある法人です。

基幹事業として視覚障害者を主とした障害者支援施設の経営を中心とし、高齢者福祉事業・地域包括支援センター事業の受託や児童センター・学童保育事業など、地域に必要とされる事業を多岐にわたり展開・運営されています。

vol.20
vol.20
vol.20
vol.20

利用者や職員の皆様にも好評な食事の特色を管理栄養士の方に解説いただきました!献立は生活習慣に気を付けた食事を心がけ、油脂類を控えた和食が中心です。食材にも配慮し、お米は胚芽米を使用したり、砂糖は白砂糖ではなく砂糖黍糖を使用したり、塩はミネラルを含んだにがり塩を使用して、不足しがちな栄養素を補うようにしています。食事のカロリーは昼のメニューに一番の重点を置くようにし、日中働く方もいるのでボリュームがあります。

また、昼夜逆転がみられる方なども朝食・夕食を食べられなくても昼食だけでもしっかりと摂れるという利点もあります。食器は障害のある方が持ちやすいように丼を使うなど配慮されています。利用者の状況によって、食べやすいようにおかずを刻み食の形態にして提供することも行っています。皆さん視力障害をお持ちなので、見た目よりも味に力を入れているとのこと。メニューは朝の紹介で必ずしており、「今日のお昼は何だろう?」と午前中の仕事の間、楽しみにしている方も多いそうです。

そんな取材当日のメニューは『ビビンバ丼・温泉卵・もやしときゅうりのナムル・かき卵ポタージュ・パンプキンプリン』でした!本当にボリュームがあり、男性でも満腹の量です。強調されていただけあって味付けもとても美味しかったです!これなら入所者の皆さんも大満足ですね!

vol.20
vol.20
vol.20

今回、取材にあたり丁寧にご対応いただきました社会福祉法人愛光の皆様にこの場をお借りして改めて厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

〉佐倉市 社会福祉法人愛光のホームページはこちら
↓千葉県社会福祉法人経営者協議会のフェイスブックもぜひご覧ください!↓
取材の裏側「突撃!となりの昼ごはん~こぼれ話~①」はこちら 取材の裏側「突撃!となりの昼ごはん~こぼれ話~②」はこちら 取材の裏側「突撃!となりの昼ごはん~こぼれ話~③」はこちら 取材の裏側「突撃!となりの昼ごはん~こぼれ話~④」はこちら